ぺこぱ、初となるロケが満載!?番組『ぺこぱ式〇〇!』が7月29日(木)より「GYAO!」で配信スタート!

エンタメ

~初となるコンビでのサシ飲みや、ルールも知らないゴルフで珍プレーを連発?!するなど見どころが盛りだくさん~

株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する無料動画配信サービス「GYAO!」では、新番組『ぺこぱ式〇〇!』を7月29日(木)より毎週木曜日更新で独占配信することが決定いたしました。
本番組は、ぺこぱ2人のためにスタッフが考えたテーマを“ぺこぱ式”に「あ〜でもない」「こ〜でもない」と自然体でやっていく、彼らには打ち合わせなしで展開していく番組です。ゴルフ初心者のぺこぱの2人をいきなり指導者なしでコースデビューさせたり、ブレイク後一度もサシで飲んでいない2人のためにサシ飲みの場を用意したり、ぺこぱが自然体で楽しみながら挑戦していく姿が見どころです。本日、都内で合同取材が行われぺこぱの2人は番組の魅力をアピールしました。
<番組について>
松陰寺さん:やったことのないゴルフのホール場を回ってみたらどうなるか?という企画で、誰に教えてもらうわけでもなく、ルールもわからずロケをさせていただきました。いろいろな珍プレーが生まれてぜひみんなに見てほしいと思います。
シュウペイさん:この番組がすごいのは、最初打ち合わせをしたときに、スタッフから「何をやりたいですか?」と言われて、「ゴルフ」と答えて、収録にいったらゴルフの収録だった。ふたを開けてみたら、何かやらせてくれる台本のない番組というのは僕らも初めて。これから何をやらせてくれるんだろうなと思うと同時に、何をやらされるのかな?という恐怖もあると思う(笑)。
松陰寺さん:やりたいことをやらせてくれる素晴らしい番組です(笑)

—何をやりたいですか?

松陰寺さん:相方と2人でスキーに行きたいですね。
シュウペイさん:冬のスポーツはできていないので、いいかもしれない。それが面白いかどうかはわからない。
松陰寺さん:やりたくないのをいうと、それを番組でやらされそうになるのでいいたくないですけど・・。
シュウペイさん:やりたくないのは、バンジージャンプかな(笑)

—番組に出てほしいゲストはいますか?
シュウペイさん:一応、KinKiKidsのお二人と。すみません、ジャニーズ愛が出てしまって(笑)。
松陰寺さん:普段会わない他ジャンルの方、女優さんとかスポーツ界の方とか。千葉ロッテマリーンズの歴代の助っ人外国人を7人集めてUNOをやりたいですね。

–サシ飲みのロケがあるというが、お二人でのサシ飲みは初!
シュウペイさん:コンビで飲みに行くというのは今までなかったけど、打ち上げで飲みに行くときにコンビの片方が行くということが多いと思うんですけど、うちの場合は2人とも参加していたりして。よく「珍しいね」といわれている感じ。誰かを交えて・・というのはあるけど、考えてみたら2人で飲みにいくということはなかったですね。
松陰寺さん:2人でサシ飲みに行く機会がなかっただけですかね?
シュウペイさん:ライブやってバイトやって・・ということで必死になっていて、物理的に時間がなかった。お酒を飲まなくても、ライブ前とかたくさん話をする時間があったからということもありますかね。

<視聴者へ向けてのメッセージ>
シュウペイさん:僕は僕らだけでやっていて、番組に出たらいろいろな芸人さんやMCの先輩だったり出ていると思うので、僕らの素が出ている番組になっているので、新しいぺこぱを見てもらえるんじゃないかなと思いま・・・せん(笑)。
松陰寺さん:思わないのか~~い、いや思わないんだったらこれから思わせればいい!(笑)いつこういうの飛んでくるのかわからないから、油断するんでね!(笑)でも、本当に面白い番組になっていると思うので、楽しみにしていてください。
シュウペイさん:普段のテレビじゃみれない、2人の皆さんの知らないぺこぱが随所にみられると思うのでそういうところを観て楽しんでいただければと思います。

【番組情報】
■番組タイトル  :『ぺこぱ式〇〇!』(全8回)
■視聴URL      :https://yahoo.jp/akMXZd
■配信スケジュール: 7月29日(木)0時配信開始 ※毎週木曜0時更新
■出演        :ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)
■内容                :ぺこぱ2人のためにスタッフが考えたテーマを“ぺこぱ式”に「あ〜でもない」、「こ〜でもない」と自然体でやっていく、彼らには打ち合わせなしで展開していく番組。
■番組公式Twitter  :@pekopashiki
■プロデューサー    :大内登/■演出:犬飼義啓/■AD:工藤翔/■企画・制作協力:SWEAT
■ディストリビューション:株式会社massenext

エンタメ

Posted by Oniiwa