くまモンの聖地「くまモンスクエア」にて、オープン8周年記念セレモニーを開催。「今年は、人吉、球磨とコラボで盛り上げるモン」!byくまモン

エンタメ,ビジネス

くまモンスクエアは、「どこに行ったら、くまモンに会えるのか?」という声に応えるとともに、熊本県の物産や観光に関する情報を発信する拠点施設として平成25年7月、熊本市中央区「テトリアくまもとビル」1階にオープン。当初の期待を大きく上回り、広い年代の方が楽しめる熊本屈指の観光施設となっている。
また、中国、台湾、香港、タイなどのアジア諸国をはじめ、海外からも多数のお客様が来館され、インバウンドの人気スポットとしても知名度をあげてきている。
令和2年度に入り、コロナ禍による国内移動制限、海外渡航制限、また、くまモンスクエア自体の入館制限やステージ参加制限により、集客は減少していたが、少しずつ復調。オープンから8年となる​7月22日(木)、「くまモンスクエア8周年企画~ハッピー&サプライズWith人吉・球磨~」の記念セレモニーを開催した。
​抽選で選ばれたセレモニー参加者が会場内でワクワクしながら待つ中、11:30、司会に呼び込まれてくまモン登場。

ここでいきなりのサプライズ! くまモンは、初お披露目の「くまンバチ」の衣装で登場。その可愛さに、オープニングから会場の盛り上がりは最高潮。くまモンも槍を振り回してご機嫌。でも、なぜハチの衣装・・・?司会から「8周年の“はち”は数字の“はち”なのよ、昆虫の“ハチ”じゃなくて…。」と突っ込まれると、「ええ!やってしまったー」と頭を抱えるくまモン。会場は爆笑の渦。でも、かわいいから、だれも文句は言いません。
ここからセレモニーがスタート。まずは熊本県くまモングループ浦田課長よりご挨拶。続いて、くまモンとセレモニー参加のお客様がクラッカーを持ち、司会のカウントダウンにあわせてクラッカーを鳴らす。
「5,4,3,2,1…8周年おめでとうー!!」。館内は祝福ムードであふれ、くまモンは大喜び。
ここで司会から、「8周年企画は『くまモンスクエア8周年企画~ハッピー☆&サプライズwith人吉・球磨~』とのタイトル通り、同タイミングに開催される熊本県人吉、球磨地域を応援する企画『くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト~人吉・球磨は元気だモン♪~』とのコラボでの開催であることが説明される。
100年に1度と言われる令和2年7月豪雨で甚大な被害を受けた熊本県人吉、球磨地域。まだまだ傷跡は残るが、本格的な復旧・復興に向けて元気に頑張っている地元のみなさんを応援するため、くまモンが一念発起し、自らがプロデュースする人吉・球磨地域応援企画『くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト ~人吉・球磨は元気だモン♪~』。くまモンの活動拠点である「くまモンスクエア」もこれに共鳴し、コラボ企画の開催になったとの事。
コラボの内容は、「くまモン×人吉・球磨パネル展」を人吉とくまモンスクエアで同時開催すること、くまモンスクエアの館内モニターで、くまモン出演の「みんなサンくまプロジェクト予告MOVIE」を放映すること、「人吉・球磨応援スタンプラリー」の開催、「人吉・球磨チャリティグッズの販売」等を実施する等。セレモニー参加のお客様も、くまモンプロデューサーに賛同して、館内は人吉、球磨応援モードが高まった。
最後に、くまモンとくまモン隊スタッフが、「これからも、くまモンスクエア、人吉、球磨にたくさんの人が来てほしい」という思いを込めて、くまモンの人気ダンス「かモン!くまモン!」を披露。 参加者は、大きな声では無く、大きな拍手でこれに答え、会場は大盛り上がりでセレモニーは終了した。
「くまモンスクエア 8周年企画~ハッピー☆&サプライズwith人吉・球磨~」は、くまモンスクエアにて、7月25日(日)まで開催。期間中、くまモンは「くまンバチ」の衣装で登場予定。「くまンバチ」も登場する8周年記念グッズも22日(木)から販売開始。
人吉・球磨地域応援企画『くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト~人吉・球磨は元気だモン♪~』は、熊本県人吉市で7月25日(日)まで開催。
2つのイベントで連携して熊本、そして「人吉・球磨」を盛り上げる予定。

投稿者プロフィール

Oniiwa
Oniiwa
WEB作家・小説家・エッセイスト「鬼岩正和」
キレイごとだけでは語れない親子の人生。人は闇に落ちてしまうのか?人生の機微を赤裸々に描く!
それだけじゃない!
WEBシステムエンジニア ・ ご当地プロデューサー ・ パノラマ写真家
https://4town.net/